2011年07月12日

TVでやってましたね

本日放送の、みんなの家庭の医学とかなんとか言う番組で
バセドウ病が取り上げられてましたね。

症状も幅広いので、甲状腺機能亢進症の患者さんは皆さん
それぞれ自覚症状が違うと思います。
私の場合はどうだったかな〜と、思い返してみることにします。

私の症状はこんなでした。

@いつの間にか体重減少
A甲状腺が腫れ、固くなっていた
B手が震えて、箸がうまく使えなくなった
C安静時に動悸
D体力低下、シャッターを上げられなくなった
E早口、早足、常にせかせか
F多汗、暑がり
Gすぐ空腹になり、トイレの回数も増加
H眠れない
I全身蕁麻疹
Jドライアイ
Kハゲを心配するほど頭髪が抜けた
L発熱が2週間続いた→病院へ行って亢進症発覚

番組で紹介されてた症例は、主に「だるさ」を取り上げていましたが
私がもっとも苦しんだのは「イライラ」でしたね。
とんでもなくイラついてましたね〜。常に怒ってる状態でw
番組で紹介されていた人のような「疲れ、だるさ」は無視して
私の場合、ゼーゼーしながら早歩きして(イラついてるから)
疲れていても無理してバリバリ仕事して(イラついてるから)
無理解な医者にケンカ腰で噛みついて(超イラついてるから)
毎日こんな感じで、夜も眠れず全力疾走してました。
ま、結局オーバーヒートしてブッ倒れたわけですが。

甲状腺専門医でなくても、バセドウ病患者の治療にあたる医師には
精神症状に配慮したアプローチをもう少し学んで欲しいものです。
バセドウ病患者と医師のトラブルも多いと聞きますので(私も含めてw)
ただ「イライラも薬飲めば治るから」ではダメなんですよ。
当時の私は「別にイライラしてませんよ!!」ってキレてましたwww
今思い出すとコントのようで笑ってしまいますが、その時は
どうにも押さえられない怒りが渦巻いて、目が三角になってましたね。

周囲の方々にも、身体的症状だけではないということをご理解いただきたいです。
自分の場合は、夜眠れなくてどんどん気分が落ち込んで、うつ状態になることもありました。
私は誰にも相談しないまま負のスパイラルに陥っていましたが
バセドウ病が寛解に向かいはじめ、精神的にも落ち着いたように思います。

私の他にも、つらい思いをしている患者さんがたくさんいると思います。
自分の頭がおかしくなったんじゃないかと疑ってしまうことも
あるかもしれません。でも頑張って、地道に治療しましょう。
行きつ戻りつしていますが、私も寛解目指してがんばります!

にほんブログ村 猫ブログ 看板猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ
にほんブログ村

ニックネーム ちょびの秘書 at 23:14| Comment(3) | バセドウ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
秘書さま〜!!ほんじつ残業なよっしです**ダレにも相談しなかったなんて、、次ぎはこのよっしにぶちまけてくれ〜!!解決?できないけど波よけくらいにはなるよ〜!! そんでさあ、るるる〜♪ ほにゃららあにゃー!!詳しくはメールするねえ**明日ねえ*
Posted by よっしー at 2011年07月13日 01:35
行きつ戻りつ、少しずつですよね。
焦っちゃ行けません。
はい、なんでもぶちまけてください。
アドバイスなんてことは、出来ませんが
愚痴をきくことぐらいできますよ。
Posted by ツブシオ at 2011年07月13日 08:40
>よっしーさま、ツブシオさま

コメントありがとうございます。
薬で改善する病気とは言え、軽視してほしくないと思って、精神状態のことを記事にしました。
私の場合ははっきりとしたストレス要因(ペットロス)があり、
相談しても解決しないことも分かっていました。
よっしーさんには、ちょっと泣き言をメールした記憶がありますがwww
いまだに公表できずにいる自分が情けないです。
そのうち、冷静に記事を書ける時がきたら・・・と思っています。

甲状腺ホルモンの異常分泌によって、ぐるぐるしていましたが、もう大丈夫です。
亢進症の人は身近に結構いると思いますので、私の症例を頭の端において
対応していただければと思います。
Posted by ちょび秘書 at 2011年07月13日 21:42