2010年08月31日

特訓中

先日、ちょびさんはついに脱走に成功しました!
ほんの一瞬の隙をついて、猛ダッシュで外に飛び出していきました。
ゴロンゴロンして埃まみれになり、追いかける我々をあざ笑うかのように目の前を全速力で走り抜け、ぴたっと止まってどや顔で振り向いたり・・・
それはそれは、凄まじいはしゃぎっぷりでした(笑)
カメラ構えてる余裕などありませんでしたが・・・
あの活き活きとした表情、お見せしたかったです。

これは今夜一晩戻ってこないかもしれないと覚悟しましたが
おやつのささみスナックに釣られて、そばに来たところを捕獲!
食欲に勝てない子で本当に良かったです(笑)

冷や汗をかいたものの、ちょびがものすごく楽しそうだったので・・・ま、良しとしましょう^^;
走り回れるほど元気になったのは、とてもとても喜ばしいことです!

でも、また脱走されると困るので・・・

1152.jpg

ハーネスベストの特訓だ!!

1153.jpg

1155.jpg

一見かっこよさげですが

1154.jpg

ぱっつんぱっつんです(爆)
おかしいなぁ、ちゃんとサイズ測って注文したのに・・・。

1156.jpg

看板屋周辺の偵察どころか、特訓中もすぐにほふく前進になってしまうちょびさんでした。

にほんブログ村 猫ブログ 看板猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIX白黒猫へ
にほんブログ村

ニックネーム ちょびの秘書 at 22:15| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

噛み癖

治すべきだし、治したいちょびの噛み癖。

どんな種類の噛み癖なのかというと、一番最悪な「学習による攻撃行動」だと思われます。
ちょびの噛み付き行動は明らかに「脅し」です。これ以上噛まれたくなかったら遊べ、食べ物よこせ、外に出せ・・・等。
事故に遭う前、自由に外歩きしていたちょびは常に甘やかされていたのです。

はじめはスリスリしますが、期待どおりの結果が得られないと分かると噛み付くようです。
要求されるままにおやつをあげるわけにはいかないので、無視しているとキレ気味の声で「にゃーーーーーーーーーーーっ」と長〜く鳴いた後、腕や足にガブッときます。*はじめは甘噛みですが次第に本気噛みになります。
しかし猫嫌いの人間にはやりません。許してくれる(もしくは要求に応えてくれる)のは誰か、ちゃんと分かってやっているようです。

私はというと・・・噛まれても無視する方針です。
むしろ「噛まれたら」ちょびはいないものとして、見向きもしません。
まずは仕事が終わると徹底的にちょびと遊びます。食欲から気を逸らすためでもあります。
ちょびのスタミナが切れると、写真編集やブログ更新をするわけですが、しばらくすると当然「かまって」攻撃が始まります。
できるだけ遊びますが、食欲が勝って「メシよこせ」に変わると、もういけません。噛まれます。
前記のとおり、噛む力はエスカレートして肌色めがけて飛び掛ってきますが、こちらがさらに威圧的な反撃(叩く、怒鳴るなど)をすれば、ちょびはよけいに攻撃的になるので、どんなにイラっとしても耐えるようにしています。
そして徹底的に無視して「メシは朝までやらん!!」と態度で示すと、あきらめて不貞寝します。

1145.jpg

人の邪魔をしつつ・・・ですが。
↑ ちなみにこれはオッサンではなく秘書の手です(笑)

1146.jpg

爆睡モードに入ると、こんな怖い顔になります。
やっぱり口が開いてしまう・・・。

1147.jpg

そして!シャケちゃんと奇跡のコラボ!!

1148.jpg

シャケちゃんのあまりのかわゆさに、ちょびノックアウトです。

1149.jpg

無視するのはかなり効果的だと思うのですが、私が毅然とした態度をとっても、ちょびの噛み癖が治らない理由はなんでしょう。
某氏の自白ともとれる「俺、噛まれるの結構好き」発言から察するに
「噛まれたら喜んでからかう」人間がいるせいではないかと・・・!
その某氏とは、ちょびの飼育方針について何度も何度もことごとくぶつかってきましたが、複数の人間と接する会社猫の弊害と言っていいかもしれません。

ドMな××ぞう殿が、ちょびの噛み癖を助長している。

こういう結論でよろしいでしょうか?www


にほんブログ村 猫ブログ 看板猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIX白黒猫へ
にほんブログ村

ニックネーム ちょびの秘書 at 01:36| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

シャカトン到着

毎日内勤で退屈しているちょびさんにプレゼント

1131.jpg

シャカシャカトンネル〜!!

1132.jpg

好評です^^

元気に遊べる日がこんなに早く来るとは思いませんでした。
感動〜・・・でも、もう人間狩りはやめてほしいんですけど。
狩るのはオモチャだけにしてください。DV反対!!

にほんブログ村 猫ブログ 看板猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIX白黒猫へ
にほんブログ村

ニックネーム ちょびの秘書 at 23:53| Comment(7) | 遊ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

おかしいなぁ

本日、ゆき様の様子を見に行って来ました。
実は一昨日も行きましたけど。

元気は元気でした。
もりもり食べてどっさり出して(笑)首輪がすっかりきつくなるほどふっくらしてました・・・。
今日はかなりハイテンションで、首輪の長さを調節するのも噛まれまくって一苦労でした。
トイレ掃除した直後に目の前でほやほやのお土産をくれたり、キャットニップ入りおもちゃ(ちょびは無反応)に大興奮したり、相変わらずで嬉しかったです。
カメラを持っていかなかったので、写真がないのが残念です。

なぜカメラを持っていかなかったかと言うと・・・
一昨日行った時には、なんだかやさぐれており、警戒していたのか怒っていたのか・・・ちょっとショックな反応だったのです。
今日も写真など取れる状態ではないだろうと思ったのですが^^;

そして一番心配なのは、新たな飼い主が開口一番「なついてくれない」と愚痴ったことです。
伝えたいノウハウは山ほどありましたが、あまり口出しするとゆきが出戻ってきそうなので難しいところです。
とりあえず、日に何度も臭腺のあたり(しっぽの付け根、両頬や顎の下)をなでてやり、新飼い主とゆきのニオイを混ぜつつコミュニケーションをとってほしいと思います。
でも強引に捕まえたりしつこくしたりせず、逃げるようなら追わずに機嫌がなおるまで待って、再チャレンジ・・・というのだけお願いしましたが・・・正しく伝わったかは不明。
もしこのブログをご覧になっていたら!上記のとおり、お願いいたします!!!
ゆきのニオイを自分に付けるというのが重要です!


そんなこんなで、秘書はまだしばらくは気を抜けません。

にほんブログ村 猫ブログ 看板猫へ
にほんブログ村

ニックネーム ちょびの秘書 at 23:15| Comment(9) | ゆきちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

巨大化してます

1126.jpg

ちょっと見ない間に巨大化しました、ちょびさん。
絶対5kgはあると思います。首がぶっとくなりました。
キャットタワー最上段にも上れるようになりました。

1127.jpg

お盆中、私は体重3kgのスリムなゆきちゃんと共に過ごしたため
よけいにちょびのでかさが目に付きます・・・^^;

1128.jpg
1129.jpg

顎もずいぶん動くようになり、口を閉じている時間が長くなりました。
まだカリカリを食べられるほど回復していませんが・・・
私の手足やらおでこやら、肌色の部分を狙って噛み付いてきます。
トレーニングのつもりかぁ? こちらは満身創痍なんですがね!

1130.jpg

明け方のちょびさん。みっしりと肉が詰まってます。
ふと目を覚ますと、めずらしく枕元で開きになっているちょびが!
もちろん口もぽかーんと開いてました(笑)
カメラを向けたら起きてしまい、ちょびの開き激写ならず。
悔しがっていたら、さっそくガブリとやられました。

そういえば、ちょびもゆきも元気になってどうにか落ち着いて
ほっとしたのか疲れが出たのか、秘書は強烈な頭痛と吐き気でダウンしてしまいました。
持病(?)の閃輝暗点+偏頭痛なのですが、今回は薬も効かずかなりキツかったです。
慢性頭痛持ちのてつぞう殿も屍になっておりました。
猫と人間、それぞれ順番に倒れる法則でもあるのでしょうか。

にほんブログ村 猫ブログ 看板猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIX白黒猫へ
にほんブログ村

猫も人間も、もうすっかり元気です^^

ニックネーム ちょびの秘書 at 14:09| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

ゆき様、お輿入れ

1119.jpg

元気になったゆきちゃんは、猫好きの親戚宅に嫁いで行きました・・・。

ちょびの「外に出られないストレス」「カリカリを食べられないストレス」
「高圧的なゆきちゃんとの同居によるストレス」その他諸々のストレスを考えると、
慣らすより減らす方がいいと判断しました。
結局ゆきちゃんを手放す結果になりましたが、
いつでも秘書がゆきちゃんの様子を見にいける環境です。

1121.jpg

1122.jpg
またたびパウダーに酔いしれるゆきちゃん・・・ヨダレが凄いです(笑)

1124.jpg

1123.jpg

お手製首輪の裏には私の電話番号が書いてあったりして・・・。
何かあったらすぐに秘書が飛んでいくし!

1125.jpg

今までと変わらず、これからもゆきちゃんは大事な家族です。
秘書は寂しくなりますが・・・人懐こくて、とーってもかわいい鳴き声なので
ゆきちゃんはきっと皆に愛されて幸せに暮らせると思います!!

応援してくださった方々に心より御礼申し上げます。ありがとうございました!


なおスパム対策として、管理人の認証後にコメントを表示させていただきます。
コメントをご記入いただいてから、表示されるまで
少々お時間をいただきますが、ご了承ください。

にほんブログ村 猫ブログ 看板猫へ
にほんブログ村

ニックネーム ちょびの秘書 at 21:55| Comment(8) | TrackBack(0) | ゆきちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

回復してます

お盆休み中、皆に甘やかされたちょびはとっっても元気になりました。
気を抜くとまだ口が開いてしまうのですが・・・^^;

1104.jpg

1105.jpg

ゆきちゃんものびのび過ごし、猫風邪も治ってきました。

1117.jpg

まだ少し結膜炎が残っているようですが、元気にもりもり食べてます。

1118.jpg

にほんブログ村 猫ブログ 看板猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIX白黒猫へ
にほんブログ村

ニックネーム ちょびの秘書 at 17:02| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

ちょびの薮入り

昨日からちょびは実家(社員寮)に帰省しています。
どんどん元気になっていて、ついに普通のウェットフードを食べられるようになりました!

1114.jpg

ちなみに、このごっついオッサン手は秘書の手ではありませんよ?www

1115.jpg

このごつい手の主は、退院時、自分が目の前にいるのに
先生にスリスリするちょびにショックを受け、それを結構引きずってました(爆)
さらに。以前、にゃルニア日記のよっしーさんに「オッサンの手」とコメントされ
「ナイーブなてつぞうは傷つきました・・・」とか言ってましたね。

つまり、ごつい手のてつぞう殿はナイーブなオッサンということです。
誰がどう見てもオッサンです。あきらめよう、お互いに。

1116.jpg

ちょびがすごい勢いでがっついているのは、トメさんオススメの「ねこまんま」

これを食べてから、めきめき体力が戻り表情が変わり、元気いっぱいになったように思います。
カリカリまではいかないけれど、固形物を食べられたことがよほど嬉しかったのでしょう。
「食べる」喜びはとても重要なんですね〜^^
現在は実家で某さんの手やら足やらを噛んで、リハビリに励んでいることでしょう(*≧m≦*)ププッ


さて。一方のゆきちゃんは・・・
なんと体調を崩し寝込んでしまいました・・・。
隔離されてへそを曲げただけではなく、結膜炎で目が痛かったから顔に触れられるのを嫌がり、じっとしていたようなのです。
熱っぽくて涙目だったので、早めに病院に行って良かったです。
(私はどうしても仕事を抜けられなかったので、てつぞう殿が病院に連れて行ってくれました。感謝!)
昨日のうちに注射してもらい、現在も点眼薬と錠剤で様子をみています。
先生によると、猫ウイルス性鼻気管炎の疑いがあるそうです。
ワクチン接種済みでも、人間のインフルエンザと同じで、型が違えば感染してしまうこともあるそうです。
特効薬はなく、自力で病気を治すのを手助けする程度しかできないそうですが・・・今日は自分で水を飲み、爪とぎしたりして、食欲もそこそこありました。
涙はかなりひどいですが・・・強い子なので、きっとがんばってくれると思います。

姉の愛猫ツユも、子猫の頃猫ウイルス性鼻気管炎を患い、雨の中びしょ濡れで危険な状態だったのですが運良く姉に拾われたのです。
ツユは残念ながら鼻気管炎が慢性化してしまい、いつも鼻水と涙をくしゃみによって飛ばしながら暮らしています。

しかしこの病気は他猫との接触によって感染するので、潜伏期間と感染経路を考えると、ちょびがすでにキャリアなのかとも思いましたが、症状は出ていません。
よく調べてみると、一度感染し、免疫ができたとしてもヘルペスウイルスは神経細胞の中に隠れて時期を待ち、猫の免疫が下がった時やストレスを受けた時に再発するのだそうです。
また、一度感染した猫(キャリア)は症状が出なくても、ウイルスを体外に排出して他の猫にうつしてしまうこともあるそうです。

ということは、外で暮らしていた時に感染し、ウイルスを持ったままだったゆきちゃんが、今回の隔離のストレスにより免疫が低下し、再発してしまった・・・と考えるのが自然です。
ゆきちゃんには本当につらい思いばかりさせて、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
もしかすると、ちょびにもすでに感染しているかもしれませんが・・・ひとまず現在の別居状態をフル活用して、ゆきちゃんの看病に力を入れています。
お盆休みが終わったら、ちょびが看板屋に戻り、ゆきちゃんは私の叔母の家に預ける予定でした。
しかし、ゆきちゃんを完治(キャリアな事に変わりはないですが)させてから里子に出したいと思う反面、ちょびが帰ってきてしまうと隔離しているとは言え、感染の危険が伴います。

明日の会議の議題はコレに決定ですね・・・どうしたものか・・・。

にほんブログ村 猫ブログ 看板猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIX白黒猫へ
にほんブログ村


ニックネーム ちょびの秘書 at 23:32| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

やっぱりダメでした

ちょびとゆきの共同生活は早くも破綻しました。

一昨日の夜、私が一時間ほど外出した間にちょびが自分の毛をむしってしまったのです。
お気に入りの椅子の上にちょびの白い毛が大量に散乱しており、胸(喉に近い)部分が真っ赤になっていました・・・・。
私が帰ってきてからは毛をむしることはありませんでしたが、執拗にグルーミングしていたので、ストレスが原因だと思います。

ちょびが自ら毛をむした部分は、もともと血や唾液などで根本まで汚れており、カピカピになって自然に抜け落ち、まだらにハゲていたのです。
洗ってやりたくても、ちょびの体力を考えると無理だったのでそのままにしていましたが、痒みが出たのかもしれません・・・しかし主な原因はストレスでしょう。

それまでも何度か、ちょびとゆきの面会時間を設けたりしていました。
時々ゆきがちょびにじゃれつくことはありましたが、ちょびは以前と違って逃げ隠れせず、やり返したり無視したりしていたので、強くなったなぁなどと見当違いな事を思っていたのです。
ちょびも順調に回復しているし、この様子なら大丈夫だろうと思い、その日はいつもより長い時間を2匹と1人で過ごしてしまったのです。
完全に私の判断ミスでした。楽観的すぎました。
ちょびがゆきの存在にストレスを感じている、というサインをことごとく見逃してしまったのです。
本当に落ち込みました。

とにかくちょびのストレスを取り除いてやらないと、治るものも治らなくなってしまいます。
すぐさまゆきを完全隔離したところ、食欲も出てきて、病的グルーミングはおさまり、今日は皮膚の赤みも取れて小さなかさぶたが出来ていました。

1111.jpg

一方ゆきちゃんは、外の厳しさ怖さを知っているせいか、看板屋で暮らすようになってからは、全く屋外に出ようとしません。
しかし、一度は事務所内を自由に歩き回ることを許されたのに、また狭い部屋に閉じ込められて、完全に人間不信になってしまったようです・・・。
一時的でも預かってくれる人がいなかったので、こうするより他になかったのですが、一切私の顔を見ようとしません。
覗き込んでも目を閉じて、石のように動かなくなってしまいました。
ごはんは口元に持っていけば凄い勢いで食べますが、傍に置くだけではハンストしているかのごとく一口も食べません。
撫でても抱いても私から顔を背け、頑なに目を合わせまいとします。
辛抱強く撫でているとゴロゴロ言うのですが、あまりの変わりように泣けてきます・・・。
この子にも相当ストレスを与えてしまって、それなのにほとんど傍にいてやることができません。

1113.jpg

2匹とも愛していますが、私のエゴで結局どちらも不幸にしてしまいました。
なんて浅はかだったのだろうと後悔しています。
今後どうするかは検討中です。

ニックネーム ちょびの秘書 at 23:04| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

ちょび写真公開

昨日は病院に行って経過を診てもらいました。
先生もびっくりするほど回復しているので!写真を載せてみます。

*実際は頬や胸など広範囲にハゲがあるので、写真は加工してあります。

1100.jpg
鳴いているわけではありません。四六時中こんな感じで口が開いてます。

1102.jpg

1103.jpg
最近はかなり顎が動くようになって、一瞬口を閉じることもあるのですが
徐々に開いて、さらに気を抜くとぽかーんとなってしまうんですね〜。

1101.jpg

笑っちゃかわいそうだと思いつつ、笑わずにはいられない顔です。
トメさんのマネして×印で腕の傷を隠そうとしてみたものの、一個では隠しきれませんでした。
顔・首周辺のhageは、×印10個でも到底隠せないです。
ハゲ散らかしてる状態のちょびをupする勇気はありません・・・。



ちょびが入院中、ゆきちゃんを見て「あれ?白かったっけ??」
と首をひねるお客様が結構いらっしゃいました((´∀`*))

戻ってきて、すっかり逆三角形のしゅっとした顔立ちになってしまった
ちょびは、どーしてもカリカリが食べたくて、ゆきちゃん用のごはんに
顔を突っ込むのですが、噛み砕くことはおろか銜えるのもやっとです。
そして、絶望的な表情を浮かべてその場に立ち尽くすのです・・・(涙)
効果音がつくなら間違いなく「がーん」ですね。

最近はお腹が空くと自分からペースト状のフードをぺろぺろ舐めるようになりました!
とは言え、食が細いのは相変わらずなので、時々指ですくって口の中に入れてます。
上手に飲み込めるようになってきた分、上手に吐き出すことも覚えたようで(笑)
苦労は絶えません・・・。

でもって、毎日毎日外に出せと猛抗議です。
ちょびが外に出ないよう注意して、すばやく扉を閉めたつもりが、
振り向いたら悠々と歩いていたこともあります。
まだ動きが鈍いので事務所から3mくらいで、あっさり捕獲されたちょびさんは
とても不満そうでした。

今はまだ抗議を無視していればいいですが、全快したら
この弾丸ボーイを閉じ込めておけるんだろうか…と不安になった秘書でした。


ニックネーム ちょびの秘書 at 18:40| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆき、不貞寝中

ちょっとお疲れ気味のちょびさんをなでなでして、ふと振り返ると
別室の入り口から、じっとりした目で睨んでいる白猫が・・・!

見られていないと思っていたら、見られてました・・・たらーっ(汗)
ゆきちゃんもおいで、と呼んでもいじけた白猫は踵を返して去っていきました。

1108.jpg

そして数分後、ちょびのごはんが入っていた空の缶詰を
今まで上ったことのなかった場所から豪快に投げ落とし
ビニール袋には歯形を付け、大暴れしたので「コラーッ!!むかっ(怒り)」と怒鳴ってしまいました。

それからというもの、もう私を見ようともせず不貞寝をしています。

よくよく考えてみれば、洗ったとは言え、まだフードの匂いが残る
空き缶をあんなところに置いた私がいけなかったんですよね。
反省して、不貞寝中のゆきちゃんの頭を撫でてやると、いつもはすぐに
ゴロゴロ言うくせに、今日は「さわんないでよ!」と言わんばかりに
猛烈な毛づくろいをはじめました。www
お、おま・・・どんだけ根に持つんだよ・・・!

1109.jpg

そんなこんなで、苦戦しながら今後もゆき女王様のお世話をすることにしました。
一日も早く、ちょびが完全復活してくれることを祈りつつ、
みんなで成長していければいいなーと思っています。

気難しい猫の飼い主様や多頭飼い経験者様、アドバイス等
ございましたら是非ともご教授ください。
よろしくお願いいたします<(_ _)>


ボランティアで猫の保護活動をされている方のブログを拝読し、
里親になってもいいとお考えの方には、ゆきよりも助けを必要としている
猫たちを幸せにしてほしいと思ったのです。
じっとり系のキレ猫ゆきちゃんは、看板屋で我慢してもらいます。
どうしてもちょびとうまくいかない場合は、再度募集をかけます。
猫を愛する人が増えて、不幸な猫が減りますように!!


にほんブログ村 猫ブログ 看板猫へ
にほんブログ村
ニックネーム ちょびの秘書 at 00:02| Comment(8) | TrackBack(0) | ゆきちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

様子見

週の後半になると、疲れが溜まっていけません・・・ ̄Д ̄ =3 ハァ …
ゆきちゃんの件は様子を見ながら、ダメモト募集という感じでしょうか。
成猫、雑種、元野良・・・三重苦(笑)のゆきちゃん・・・客観的にみても、里親は見つからないだろうと思います。
前回の募集記事を削除してしまうと、せっかくいただいたコメントまで消えてしまうので、そのままにしておきますね。ご了承ください。

なんとかちょびと共存してもらいたいんですけれど・・・。
時々ちょびに猫パンチするのを見ると、青くなって仲裁に入る秘書でした。
遊びなら良いんですけど、やつあたりとか嫉妬なときもあるんですよ・・・。
ちょびはというと、びっくりして固まっているのか、以前のように逃げることもできません。
放っておくとお気に入りの定位置まで奪われる始末でして(;´Д`A


とはいえ、最近のちょびはどんどん回復しています。
シロップのように甘めに作ってもらった薬が嫌でイヤで、
前足で私の手を押しのけようとします^^
その力強さたるや!(笑) 嬉しい反面大変です。
一日2回、薬を流し込むのに悪戦苦闘してますが、がんばるしかないですね。

 ↓ 事故に遭う前のちょび
1094.jpg

いつも軽々と登っていたキャットタワーや作業台の上ですが、退院当初は体力が落ちていて、ジャンプしても失敗して床に落ちていました・・・。
それが、ようやく飛び乗るとこができるようになりました!!

まだオモチャで遊んだりはできませんが、そのうち以前のように
元気に遊んでくれると思います^^

 ↓ 事故に遭う前のちょび
1098.jpg

1099.jpg

この写真のように無邪気に遊ぶ日も遠くない・・・と期待しています!


にほんブログ村 猫ブログ 看板猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIX白黒猫へ
にほんブログ村

ニックネーム ちょびの秘書 at 22:48| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

里親募集

考え抜いた末に、白猫ゆきちゃんの里親募集することに決めました。
一生面倒をみるつもりで保護を決めましたが、その直後に先住猫が事故に遭い、リハビリ生活となりました。
健康な2匹ならうまくやっていけたでしょうが、現在は先住猫に時間を割くほうが圧倒的に多く、ゆきにばかり我慢させてしまい、とても幸福とは言えません。

先住猫が全快するまで何ヶ月かかるのかもわからず、このままストレスを与え続けるよりも、新たな飼い主さんの元でのびのびと愛されて暮らせるなら、その方が幸せだろうと思い、募集に踏み切りました。

1091.jpg


名前 ゆき / ♀ 推定2歳 / 2010年7月19日避妊手術済み
2010年8月2日猫7種混合ワクチン接種完了 / ノミダニ寄生虫駆除済み
猫免疫不全、猫白血病検査=陰性 / トイレしつけ済み

1089.jpg


首輪も特に嫌がりません。
食べ物の好き嫌いは一切ありません。
低カロリーのドライフードでもなんでも食べます。
とても人懐こく、撫でられるのが大好きです。
キャットニップやまたたびにも敏感に反応します( ´∀`)

*足の指が欠損しているので、完全室内飼いが絶対条件です*

保護を決めたきっかけが、後足の怪我でした。
当時野良猫だったゆきは、左足の指一本が無くなっており、両足の内側は肉をそがれたような傷がありました。
レントゲン撮影の結果、左足の甲の骨が粉々になっていました。
欠損した部分から膿が出続けるようであれば、左足は切断せざるを得ないと獣医師にも言われていましたが、現在は傷もきれいにふさがり、毛も生えて、痛みも少なくなったようです。
歩行に問題は無く、走り回って遊ぶこともあります。
しかし外歩きすれば、せっかく塞がった傷口の薄い皮膚が裂けてしまう恐れがあるため、室内飼いが絶対条件となります。

4053.jpg
(右の白黒猫は事故に遭う前の先住猫、ちょびです)


<8月6日 追記>

わずか数日で心変わりして、結局ゆきちゃんも看板屋の猫にしよう!となりました。
もうとっくに情が移っておりました。(やっぱりな、と多方面から笑われそうです)

ゆきちゃんよりも、もっと過酷な状況を生き抜き、助けを必要としている猫たちがいます ↓↓↓
ライムさんの「公園の老猫と病気猫たち

この子たちに比べれば、ちょびもゆきも十分幸せかもしれません。
苦しんで亡くなる猫や犬が少しでも減りますように!

ニックネーム ちょびの秘書 at 21:57| Comment(9) | TrackBack(0) | ゆきちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

お見舞い?

1095.jpg

本日は茶野シローが来ました。

1096.jpg

お見舞いですか?

1097.jpg

ちょびがいつもと違う声で鳴くから、何事かと駆けつけると茶野シローがいました。
網戸ごしにちょびと見つめあっていて、私と目が合ったら逃げていきました。
もっとゆっくりしていけばいいのに〜。

ちょびは事故に遭ったくせに懲りていないのか、外に出たいと大騒ぎしています。


にほんブログ村 猫ブログ 看板猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIX白黒猫へ
にほんブログ村



ニックネーム ちょびの秘書 at 17:54| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする